オンライン会社説明会 ご視聴ありがとうございました

コロナ禍で、switchの会社説明会は初のオンライン。

多くの美容学生の皆さんにご視聴頂き、ありがとうございました。

各美容学校へ出向いての説明会や、サロンの若手の勢いを感じてもらう為のイベントも出来ず、おまけにサロン見学もお断りしているという…

就活中の皆さんにとっても、かなり逆風になっている中、どうにか少しでもサロンの雰囲気をお伝え出来たら…という事で、福元店長以下、スタッフ全員がいろいろ考えて企画してくれました。

見てくれている皆さんは、各サロンがオンラインで説明会を開催しているので、すっかり見慣れている感じだと思いますが、何せこちらとしては初の試み。

お見苦しい点や、接続環境により途中で落ちたり等、いろいろ不具合もあったかと思います。

ですが、サロンやスタッフの雰囲気、switchの【現在】については、何となく伝わったのではないでしょうか。

面接等に関しての詳細は、サロンのInstagramやHPに記載していますので、チェックしていて下さい。

さて、オンラインでは中々伝わりにくいなぁ…と思った部分を、改めて書き残しておきたいと思います。

switchを、共同経営者の隈本と立ち上げて、今度の10月で24年。

ですから、来春から一緒に働くことになる人達は、25年目のアニバーサリーイヤーに当たります。
25年といっても、皆さんが生まれる前ですから、ピンと来ませんよね。
1997年10月10日。
僕達が26歳の時でした。
26歳で独立って、早いですか?

当時はかなり早い!って感じで、何ならどうせ直ぐに潰れるよ…なんて良く言われてましたが、そう言ってた人達のサロンが先に無くなってたり…。
現在は、22.3歳でサロンを出している強者も結構いるので、まぁそんなに特別でも無いかも知れませんね。

今は、ネットやSNS、オンラインサロンなどを駆使して、いつでもいくらでも勉強出来る環境が整っているので、昔よりもスキルアップ出来るスピードは上がっています。
この先はもっともっと早い段階で、スタイリストデビューし、サロンを立ち上げる!という人が沢山出てくるし、やる人とやらない人で、相当な差が付く時代ですよね。

若い内にドカンと花を咲かせて、影響力のある美容師になるも良し。
地道に技術を研いて、息の長い生涯現役美容師を目指すも良し。
派手な生き方、地道な生き方、生き方にも色々あって、正解はひとつではありません。

事前に頂いていた質問を見ていても感じましたが、どの位で一人前になれるのかな…とか、人間関係が不安だな…とか、どんな環境を選べば、幸せな美容師人生を送れるのか?
いろいろ皆さんも考えていて、でも中々答えは見つかりませんよね。

ここで一つ思うのは、何処のサロンで美容師人生のスタートを切るか?は確かに大切です。
良くも悪くもそのサロンが、美容師としての自分の基準になっていく事が多いからです。

まだハッキリと分からないとは思いますが…
例えば、バリバリ沢山のお客様やスタッフに囲まれて、キラキラ華やかな美容師像を目指すのか?
全ての施術を自分でこなし、一人一人のお客様にユックリと時間をかけて向き合っていくのか?
少人数のサロンで和気あいあいとやっていくのか?
人とのコミュニケーションは苦手だけど、コツコツ無言で、丁寧に施術に取り組むのは得意だ!とか。

ある程度の方向性くらいは、見えてる方が良いかもですね。

成りたい美容師像と、同時に自分の特性もあります。
大人数の中で、いつも先頭切って皆をリード出来るリーダー役、一番目立っているわけではないけど、目立ったグループの中で良いポジションにいつもいる人、皆の動きを冷静に見て、一番外さない選択が出来る人。
独りぼっちが苦手で、いつも誰かと一緒にいないと不安な人。
自分の事は後回し、誰かの役に立てることに喜びを感じるタイプ。
何でも一番じゃないと気が済まない、人一倍負けん気が強いタイプ。

いろんな個性がありますよね。

美容師の離職率についての質問が来ていましたが、僕が思うに、自分の個性・特性と、サロンの特徴がマッチングしていない。

これが、離職率=最初に就職したサロンを早期に辞めてしまう理由です。

これは、どちらかというと名前が知られている、いわゆる有名店でありがちです。

やっぱり有名店に入れると、周りにも羨ましがられて、やった!昔からの目標達成!みたいな感じですか?
親御さんにも、大手のサロンに就職出来ると安心してもらえますよね。

でも…一番大切なのは、自分に本当に合うサロンと出会う事です。

いろんな人達が、説明会に参加してくれていたと思います。

どんな人が、そのサロンに合っているのか?で選んでいる人が、意外に少ないように感じます。

恋愛に例えるのはどうかとも思いますが、
「何が何でもあの人と付き合いたい!その為なら、何でも我慢出来るし、自分を押し殺してその人の好みに合わせます!!」みたいな人っていますよね。
でも、こういう恋愛って、大体上手くいかないと思いませんか?

初めは、いろいろ無理してても、お付き合い出来た嬉しさや楽しさやワクワクが勝っているので、無理していることさえ幸せに感じたりもするでしょう。
でも、段々無理が利かなくなってきて、気が付いたら体調を壊したり、病んできたりします。

これは、サロン選びでも全く同じです。

同期が沢山いて、その中で競争に勝ち残っていかないといけないようなサロンに、引っ込み思案で周りの空気を読みながら今まで生きてきたような人は、多分合わないですよね。

中々、誰とでも仲良くなれなかったり、特定の人としか仲良く出来なかった人は、少人数でやっているサロンだと、誰か一人と関係性が上手くいかなくなると、自分の居場所がなくなって、もう仕事に行くのもきっと嫌になるでしょう。
だけど、大人数でやっているサロンなら、ある意味関係性の濃さも変えられるので、まだ紛れるかも知れません。

人に言われなくても、一人で黙々と作業などをやり続けられる人や、決まり事が苦手で、周りに合わせずドンドン自分のペースで先に進める方が合っている人…

こういった、そもそも自分には、どの位の規模のサロンがあってるのかな?どの位こちらのペースに合わせてくれるのかな?という、相性のような物があるので、そこの見極めも非常に重要です。

何が言いたいかというと…
サロンを自分の特性を理解して選んだ方が良い。という事です。

憧れのサロンで働けるように、日頃から頑張っている!というのは、素晴らしいことだしとても良いモチベーションになるでしょう。
でも、憧れだけでサロンを選んでしまう人が多いようにも感じます。

サロン側が欲しい人材像に、自分を合わせる。ではなく、どんなサロンに自分が向いているのか?で、ある程度サロンを絞った方が、お互いに幸せになれる確率が高い!という事です。
中には、サロンに入ってから、人間性から何からガラッと変えられる人も少数いるので、絶対ではありませんが…。
でも、20年近く無意識に培われた人間性を、自力で変えられる程のパワーがある人は中々いないので。

ちょっと前置きが長くなりましたね。

switchの事と、switchが本当に欲している人材についてです。

24年間のサロン運営で、様々な可能性を広げていく活動をしてきました。

まだデジタルで写真が撮れない、アナログフィルムしかなかった時から、サロン内での撮影を開始。
自分達が推したい、デザインや女性像といったイメージをビジュアル化する事。
それを、サロンモデルなどの外部のモデルに頼ることなく、リアルにサロンに通ってくれているお客様を写真に撮るという、一見当たり前で、でもほとんどのサロンがやっていない事に、こだわってやっています。
イメージ作りとして、外部のモデルを使うことを否定するわけではありませんが、お客様には、本当のリアルを伝えたい。
そして、サロンに来てくれている人達の、その時にしか捉えられない表情を、サロンでヘアメイクを仕上げた最高の出来上がりで、一番テンションが上がっている時に記録しておく。
これが、switchの撮影で大切にしている事です。
だから、switchでカットやカラーをしていない人を、スタイリングだけやって、switchの作品として出す様な事は絶対にありません。
この延長線上に、それぞれのスタッフの作品創りがあり、サロンワーク外の時間に改めて協力してもらったりする事もあります。


今は誰でも、学生の皆さんでも、簡単に撮影や作品創りが出来る様になったからこそ、リアルな物にこだわる姿勢が、自分達のオリジナリティを出していくには、大切なことだと思っています。

なのでサロン内に、きちんとライティングを組んで撮影出来るアトリエがあったり、プロが取るよりも盛れる!と言われるくらいの写真が撮れる隈本君がいるのは、サロンのビジュアルワークに於いて、とても大きな意味合いがあります。

オリジナリティこそが、多くのお客様から選ばれる為の必要な要素だからです。

こういった取り組みは、サロンで自分達で撮影する事の先駆けとして、業界誌等で何度も特集され、全国でも一目置かれるきっかけになりました。

サロンオープンの1年後から、外部でのセミナー活動を開始。
カラーやパーマ,カット、そしてハイトーンデザインが多い現在では絶対に外せない、薬剤などのケミカル。
そしてセルフブランディングや、トレンドデザイン、撮影のセミナーまで、今の美容師に求められるスキルは、すべて講師側として外部に発信しています。

これは手前味噌な話ですが、発信する側にいるか?情報を受け取る側にいるか?は、かなり大きく違います。
初めに、確かな情報網を持ち、インプット出来る情報量、情報を整理して必要な物だけを選んでいける選択力、そして発信する為のディレクション能力。
そして実際に現場のサロンワークに落とし込んでいく実践力。
これが出来る人材が、オーナー一人ではなく、スタッフに何人もいるということ。
つまり、プロに教えている先生が、サロンに沢山いるという事。

情報を受け取っているだけでは、絶対に埋まらないこの圧倒的な差が、switchの強味です。

オンラインで学べる場が増えたことは、僕達にとっても良いことですが、毎日のサロンワークの中で、どれだけの物が学べるか?
テクニック、薬剤知識、デザインの組み立て方、お客様への似合わせはもちろん、ライフスタイルや趣味趣向まで考慮して、ヘアをフィットさせていくか?
家でのヘアケア・スキンケアまで、プロとしてきちんと伝えられるか?
など、日々の積み重ねでしか身に付かないスキルを、幅広い年代・ジャンルの方に提供出来る場が、リアルなサロン内にある事。

プロフェッショナルとして、当たり前のことを高次元で提供出来る、本当のプロを育てる。

そういった、美容師として一生食べていくのに困らない為のスキルを、高いレベルで身に付けられる環境作りを、switchは、ずっと続けてきています。

フォトウェディングなどの仕事もそうですが、美容師としての仕事の幅を出来るだけ拡げて、それぞれの将来に向かってキャリア作りをサポートする事が大切だと思っています。

あとは、特に女子は、結婚後や出産後にも、安心して仕事を続けられる環境かどうか?いろんな形態で働ける選択肢があるかどうか?は、チェックしておいた方が良い項目ですね。

昨今は、ハイトーンカラーや美髪などに特化したサロンも台頭してきました。
そういった分かりやすい【売り】で、集客していくこともサロン経営としては、アリだと思います。

ですが、switchでは、一生美容師として食べていけるスキルを身に付けることに重きを置いているので、基本的には何でも出来る様に、それも高いレベルでいろいろな技術が出来る様に育てます。
一生食べていけるというのは、自分もお客様も一緒に歳を取りますから、お客様から【卒業】されないという事です。
ずっと同じお客様が、ハイトーンの派手髪を続ける事は希ですし、出来ない技術があることで、変化していくお客様のなりたい像に対応出来ずに、簡単に卒業されてしまう可能性があります。

美容師の仕事は、同じお客様を担当し続けて、その都度答え合わせを続ける事でしか、本当に上手くなる道はないと思っているので、息の長い美容師を目指すつもりならば、新規集客ばかりに意識が行っている所は、新規オープンでない限り、ちょっと危険な気がしています。

同じお客様に、ずっと飽きられずに、年齢に合わせてずっと素敵に見えるデザインを提供し続ける為には、例えばパーマは絶対に出来なくてはいけないスキルですし、年齢共に髪も肌も老化していきますから、それに見合ったケアや理論が必要になってきます。


こうした勉強をする場は、通常は外に自費で講習を受けに行くことで、身に付けなければいけないサロンがほとんどです。

いろいろな技術を捨てて、やるべき事を絞り込むという分かりやすい売り方もありますが、これはSNS時代の経営者的発想で、一生現役の美容師として食っていくつもりなら、あまり得策ではないと考えます。

やはり、成人式や卒業式に結婚式、お子様が生まれて一緒に来てもらったりなど、人生の様々な場面で、必要とされる存在で有り続ける事は、他の職業では中々味わえない、美容師の仕事醍醐味です。

switchは、こういった事に価値を感じ、お客様と永く深く関わっていける美容師を理想としています。

ですから、しっかりと技術を習得するという意味では、かなり時間も掛かるし、自分の時間を投資しなければいけません。

一生物の技術者を身に付けるのは、そんなに簡単な事ではありません。
どれだけいろいろなことを費やせたか?によって、スキルアップに掛かるスピードも、一人前になれるまでの道程も、変わってきます。

最近メキメキと力を付けてきている若手スタッフだと、2年目の夏からJr.スタイリストとしてサロン営業でお客様を担当しています。
ジュニアといっても、正規でお金も頂きますし、特に施術に制限はありません。
出来るだけ早い段階で、お客様を担当しながら、技術トレーニングはずっと続けていくというやり方です。
最終的に手放しで全て任せられる…という所まで辿り着くのは、やはり27,8歳くらいでしょうか。
ですが、スタイリストとしてのデビューは、早ければ21,2歳で可能です。

もちろん、その年齢になれば自動的にそのポジションになるわけではないので、個人差はありますが、やる気と適性さえ揃えば、かなり早くデビュー出来る環境です。
その後、何処まで勉強し続けられる環境が揃っているか?が大切ですよね。

switchは休みも多いですし、サロンワークも19時には終わります。
僕達は、出来るだけ決まり事やルールを排除し、何でも自分の考えで出来る事を理想としているので、かなり自由です。
ちょっと良さそうに聞こえますよね?
でも、自由だという事は、当然責任も伴うし、お互いにスタッフを信じるという事。
言われなくても、自分から率先していろいろなことに取り組めること。
自分で自分がやるべき事を見付け、全てにおいて能動的に動けることを求められます。
信じて、出来るだけ指示をせず、決め事を作らないとは、そういう事です。

自分で判断し、自分から進んで行動すること。
自己犠牲とまでは言いませんが、自分の事だけを考えるのではなく、本当に必要なことをきちんとやることが、結果的に周りの人の為にも成っている。

自由と自分勝手は違います。

switchのスタッフに、一番求められる要素はこれです。

僕達が求めている人材は、こういうマインドの人達です。

もちろん、初めから完璧に出来る人はいません。

ですが、ずっと指示待ちで育ってきた人。
いろいろ決まっていないと、自力ではいろんな事に取り組めない人。
自分が出来ないことや、今の自分の置かれている状況を、他の人や環境のせいにしてしまう人。
何でも他人任せで平気な人。

きっとこういう人は、運良くswitchに入れても、少し息苦しく感じるかも知れません。

ですが、switchはオシャレのジャンルも幅広く、様々な個性を持った人達の集団でありたい。
それぞれの得意分野をお互いに生かし、皆で高め合っていける同志。
お客様と、本当に長くお付き合いが出来るプロフェッショナルの集団でありたい、と思っています。

僕自身は、ずっと一つのことが長続きせず、真剣に物事に打ち込むことを、何なら熱くなることを格好悪いとさえ、思って育ってきました。
どうやって、楽に努力せずに上手くなれるだろうか?
そうやって、生きていました。
でも、美容の仕事に出会い、真剣に美容を楽しんでいる仲間と出会い、自分自身でもビックリするぐらいに、生まれ変われました。
だから、きっと今そうでない人でも大丈夫です。

switchには、そんなあなたの人生を変えるくらい、パワフルな美容師が揃っています。

自分の個性を存分に生かし、周りに流されず、真剣に楽しんで美容に打ち込める人。

そんな人に、仲間になってもらえたら、switchはもっと魅力的で、もっと多くの人に求められるサロンになると思います。

先々の可能性や選択肢が多い事。

常に進化し続けるサロンでないと、長くは生き残っていけない。

この先の進化の過程を一緒に作っていける、熱くなれる仲間を求めています。

サロン選び。

今一度、真剣に自分と向かい合ってみて下さい。

そして、我こそは!!思う方。

周りの意見に流されず、勇気を持ってエントリーをして下さい。

貴方も、switchの歴史に名を刻むスタッフになって下さい!

お待ちしています。

switch代表 田中征洋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください