夏の頭皮は、正しくクレンジング☆彡

暑い日が続きますね…。

元来、冷房が余り好きではないんですが、

流石に寝る時でもエアコンを切れず、微妙に朝がダルい。。。。

 

まぁ、そうは言っても、

しっかりと汗をかいて代謝を良くしていかないと、

浮腫みやすく、夏バテしやすくなるので、
しっかりと水分補給して、しっかりと汗をかく。

その辺りのバランスをきちんと取りたいものです。

 

さて、

寝てる時にかく汗。

ちょっと歩くと汗が出る。

意外と、頭皮が湿っている状態が続くこの季節。

 

頭皮のトラブルが出て来やすい時期ですね。

 

人間の皮膚には、皮膚常在菌が存在します。

通常、この菌が皮脂や汗を分解して、皮脂膜が出来るお手伝いをしています。

皮脂膜というのは、天然の保護クリームと言われ、皮膚のバリア機能を担っている物です。

img1108

 

頭皮が清潔な状態であれば、皮膚常在菌がきちんと働いて、皮脂膜で頭皮が守られている状態ですが、

頭皮の湿度が高い状態が続く(汗で濡れている)と、
この皮膚常在菌のマラセチア菌が、爆発的に増えて痒みの原因になります。

また、マラセチア菌が皮脂を分解する事で、皮脂膜が出来るわけですが、

この時に出来る遊離脂肪酸が、時間が経つと過酸化脂質に変わります。

この過酸化脂質が、毛穴の詰まり・臭い・炎症の元になっています。

 

ということで、夏に必要なケア。

○なるべく濡れた状態を放置しない。
・お風呂上がりは、なるべく直ぐに乾かす
・汗をかいたら、なるべくこまめに拭く

○過酸化脂質の除去
・通常のシャンプーでは中々落としきれないので、
きちんとクレンジングをする。
・ホホバオイルクレンジング
・炭酸クレンジングなど

○寝る前は必ずシャンプーをする
・寝ている間にかなり汗をかきます。寝る前にきちんと清潔にしておくのが大切です。

 

この時期の頭皮トラブルは、酷くなると長引きます。

予防的ケアをしっかりとやっておきましょう!

 

※もし違和感などを感じたら、病院に行く前に一度、担当の美容師さんに相談されて下さい!

正しい対処をすれば、薬に頼らなくても治る場合が多々あります。

かなり状態が悪い場合は、病院での治療をお勧めされると思います。

しかし、抗生物質やステロイドを処方される場合も多く、そうすると必要な免疫力まで落ちるので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください