パーマは、強力なスタイリング剤です。。。

 

【デジタルパーマのススメ】と題して、

大阪でデジタルパーマのセミナーをやってきました。

IMG_4814

 

デジタルパーマって、

巻き髪風にしかならない…

とか、

どうしても仕上がりの質感・風合いが固くなってしまう…

とか、

初期のイメージでそう思っている美容師さんが多く、

上手く活用出来ていない現状があります。

IMG_4815

 

もっと上手く使いこなせば、

コールドパーマでは出来にくいデザインや、

やりにくい髪質への対応、

と、かなり可能性があるはずなんだけどね。。。

 

IMG_4816

 

という事で、

現在SSAで学んでいる方々、

昨年セミナーに参加されていた方、

また、SSAの受講を考えているんだけど、

どんなことをやっているのか、見てみたいなぁ…

と言う方に向けて、

今回の開催となりました。

 

IMG_4812

内容に関しては、

来て頂いた方々にきちんと伝わっていれば、

ここで書くことはそんなに無いんだけど…

 

19時スタートで22時の終了まで。

皆さん熱心で、

出来るだけ見逃さず、一つも聞き逃さず、

少しでも新しい発見が出来る様に!!

と言う姿勢に感銘を受けました。

 

IMG_4809

 

まだ、勉強を始めていない人にとっては、

薬剤の特性を正しく理解し、

お客様一人一人の髪質やダメージを、的確に把握し、

デザインに合わせて、手法や技術を選んで、施術を進めていく。

というのが、

どうも面倒臭かったり、難しかったりするんだろうけど…。

 

僕からしたら、

そういうのを分からないままやってるのって、

 

逆に怖くて仕方がない。

 

もっと安心して、デザインに集中出来た方が良いのになぁ…

って思ったりします。

 

IMG_4806

 

出来るだけ、

表現出来るデザインの幅を拡げたいし、

それが結果として、

サロンワークでの提案の幅を拡げる事に繋がる。

 

IMG_4807

 

パーマって、

何でかけるかはともかく、

洗っても無くならない、

強力なスタイリング剤だと思う。

 

IMG_4805

 

乾かせば、

意図したデザインが再現される。

少し手を加えれば、格段に素敵になれる。

そんな、デザインの土台作り。

 

IMG_4810

 

美容師のスキルとしては、

アイロンワークを含めたスタイリングの技術は、

とても大切だし、もっと上手くなる必要があると思うけど…

 

翌日もきちんとデザインが再現されるという意味では、

アイロンで作ったスタイリングは、翌日は再現されない。

 

アイロンが必要なスタイルは、

スタイリングで作られたヘアスタイルであって、

ヘアデザインとは、呼べないと僕は想っています。

 

だから、

僕は、ヘアデザインを売っているという事にこだわっているし、

サロンワークの仕上げでは、ほとんどアイロンを使わない。

 

スタイリングは、スタイリング。

 

僕は、やっぱりヘアデザインで勝負したい。

 

パーマのセミナーでは、いつもこんな気持ちをお伝えしています。

 

 

 

お手伝い頂いた、関西のSSAメンバーの皆さん。

有り難う御座いました!!

IMG_4813

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください