面接で。。。

先日書いた、就活の記事が随分と反響がありまして。。。

今回は、もう少し踏み込んだ話をしようかと。

スクリーンショット 2014-07-05 19.58.26

前の記事で、受ける側と採る側のマッチングだ!
って話を書いたんだけど、

ココの大切さ。

分かって頂けましたかね。。。

 

要は、格好付けて、盛り過ぎても、

相手にはバレてるし、逆効果ですよ!

っていうこと。

 

自分を偽って、彼女と付き合えたとしても、

段々、キツくなってくるよね?

化けの皮が剥がれれば、こんなハズじゃなかった!ってなるわけだし、バレないようにするなら、ずっと自分じゃない自分を演じていかなきゃイケナイ。。。

 

まして、仕事となれば、

【嫌になれば別れれば良い】

とか、そんな簡単な問題じゃないよね。

雇う側からすれば尚更で、

思ってたのと違ったから、やっぱ辞めて下さい!

って、言えないんだし。

 

だから、雇う側からしたら、

当然、その辺りをしっかりと見ているはずで、

毎年採用をしているサロンなら、その採用担当者はかなりの数の人を見てきているはずです。

まして、僕達美容師は、人が相手。

お客さんの、言葉にならない微妙な表情や、ちょっとした仕草から、いろんな事を読み取って、そこにフィットするデザインを提供する。

って、素人の人からすれば、神のような作業を日々やっているわけ。

毎日、それこそすごい数の人を見ている。

 

面接のその時だけ、どんなに取り繕って、良いカッコしてても、絶対にバレてます。

 

まぁ、運良くバレてなかったとしたら、実際に働き始めてから、かなり辛いと思うけどね。

 

まぁ、そんなわけでさ。

ここからは、就職先によっていろいろ違うだろうから、参考になるならないは、自分でジャッジして欲しいんだけど。。。

 

先ず、自分の事をきちんと伝えること。

何故、ウチに入りたいのか?って言う質問に、

「switchさんは、こうであぁで、、、、」
「switchさんは、撮影なんかにも力を入れてらっしゃって、、、、、」
「switchさんは、、、、」

ていう、返しがほとんどです。

いやいや、ウチが何に力を入れてやってるとか、どういう方向性でやってるとか、そんなの僕等が決めてんだから、あなた方から聞く必要は無いんだよね。

 

貴方はウチに入って、何がしたいのか?どうなりたいのか?

貴方のどんなところが、ウチに向いていて、どんな良いことがあるのか?お互いに。。。

貴方の良いところは、どんなところで、それをどう発揮してくれて、どんな風に伸ばしていくつもりで。。。

 

って、貴方のことを、話して欲しいんです。

 

こんなすごいところで働きたいんです!

こういう事やってるのって、スゴいですよね!

皆さんが生き生きしているので、そうところで働きたいです!

 

っていう話ばっかですよ。

ほとんど。

 

これ聞いて、貴方のこと。

分かります?伝わります??

 

もうちょっとね。

冷静に考えて欲しいよね。

 

大げさな言い方すると、貴方のことを好きになってもらう

アピールをするべきなんです。

自分の事を、伝えてないのに、分かってもらえない!!
って、、、

分かるわけ無いでしょ!

多分、親でも分かんないよ(笑)

 

面接の日は、ちゃんとオシャレをして来て下さい。

特にMen’s。

休みの日の普段着みたいなので来るのは、止めて下さい。

お客さんがオシャレをしに来る場所なんだから、ちゃんとオシャレにしましょうよ。

気合い入れすぎて、ハズしてくる子もいるから、それも考えもんだけど、、、

ちゃんと、キメてきて下さい。

それが、伝わる貴方の気合いってもんです。

素のままで、良い人とダメな人がいます。

 

分からない人は、周りの人に聞いて下さい。

 

緊張してるのは、重々分かっています。

前もって、何でもかんでも準備してくる必要は無い。

どうせ、日頃の自分しか出せないんだから。

 

自分をよく見せようとするから、空回りするし、頭真っ白になったりする。

盛らずに、普段通りで良いんです。

善し悪しで、貴方を判断するわけじゃないから。

 

面白くないより、面白い方が良いけど、

おもしろキャラでなくても構わない。

ひたむきさに心打たれることもあるし。

 

そう。

 

とにかく、貴方らしくいてくれることが最重要で、貴方らしさが伝わることが大切です。

 

真面目で良い人が欲しいわけじゃないし、

もしかすると、

真面目すぎる人は、美容師には向いてないかも知れないよ。

常に柔軟に、相手のペースに合わせながら、キャラだって変えなきゃいけない時もある。

アクターの様にね。

 

ちょっと長く書いたけど、どうですか?

随分と勘違いがあったんじゃないですか??

 

かなり無理しないと、そのサロンのカラーに合わないんだとしたら、
もしかしたら、そのサロンは貴方には向いてないのかも知れないね。

 

自分に、本当に合うサロンで働いた方が、きっと仕事も楽しいし、サロンはそういう人を求めてるから。

 

さぁ。

しっかりと自分と向き合って!

分からなければ、周りの友達に自分を分析してもらって!

 

理想のサロンは、貴方の中にあるもの。

周りの人が決める物じゃないよ。

 

周りに羨ましがられる為の、就活。

そろそろ止めませんか??

本当の自分探し。

就職活動の第一歩は、ここでしょ。

 

運命のサロンに、出会えると良いですね!!

 

最後に。

 

switchを受けようと思っている、美容学生の皆さん。

 

心して、自然体でかかってきなさい!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください