ノンシリコンシャンプー、その後。。。

以前書いた、ノンシリコンシャンプーについての記事は、大変な反響がありました。

【ノンシリコンシャンプーに踊らされる事なかれ。。。】

まぁ、あれから1年以上が経過しているけど、
僕の想像以上に、ノンシリコンブームは続いており、
もはやノンシリコンというワードは、
その時の流行とかではなく、完全に市民権を得たんだな…と、
改めて実感する次第です。

何度も言っていますが、サロンで使われているシャンプーは、昔からノンシリコンです。。。

 

ところで、

最近の、巷のノンシリコンシャンプーは、キシまない!ってのが売りのようですね…。

シャンプー時のからみ=悪

の図式が、キーワードですね。

 

よくよく考えてみれば、

何故、絡まったりキシんだりするのか??

って事なんだけど、、、

 

結論から言えば、

① 髪が傷んでいるから。

② シャンプーの洗浄力が強すぎるから。

という事です。

 

先ず、1番の髪のダメージ。

そんなに急には良くなりませんね。

特にロングの方々は。

髪の場合、一度傷んだ部分は、元通りには戻りません。

 

ということは、良くなった人は、短く切った人かな。。。

 

次。

シャンプーの洗浄力って、何で決まるのか?

当たり前だけど、洗浄成分です。

シャンプーに使われる洗浄成分というのは、
随分と種類があるんだけど、

市販の物(サロン専売品ではない物)に使われている物は、その内の数種類で、その中のどれか、若しくはその組み合わせです。
ちょっとイイ物をほんの少し、原価が安い物がほとんど…という残念な組み合わせ…。

 

じゃぁ、何で最近の物はキシまないのか?

 

いろんな髪に良さそうな成分が入っているのが良いシャンプーと思われがちだが、、、
そんな高い成分が、安い価格で売られている物の中に、髪に効く程入っているはずがない。
価格を気にする人程、騙されやすい…。

ちょこっと入っていても、ほとんど意味ない。

だって、洗い流すんだから。

洗浄成分で。

 

洗浄というのは、ザックリ言うと油(脂)を分解して洗い流すという事。

だから、やれ何とかオイル配合とか、おかしくないですかね。。。
入れるんだったら、トリートメントの方じゃない?

 

髪に必要な、タンパク質・油分・水分は、洗浄成分にくっつけておかないと、髪には残らないのです。

(この辺は難しいので割愛します。知りたい人は担当の美容師さんへ…。)

 

だから、洗浄成分が何で出来ているかが重要なのです。

 

シャンプーは、水と洗浄成分と僅かな調整成分(上に書いた良さそうな成分もコレ)で来ています。

シャンプーの価格は、洗浄成分の原価で決まると言って良い。

 

良いシャンプーは、キシむかキシまないかじゃなく、

どんな洗浄成分で出来ているか? です。

 

キシむのが悪なら、キシまない洗浄成分にすれば良い 。

でもね…そうすると、高くなるんですよ。

安いのに良い物なんて、そんな虫のいい話。

無いんですよ。

安い物には、安い理由がある。

無意味に高いモノもあるから、高いから良いとは言いませんが…

安い洗浄成分で洗っても、軋まないのは…

何かカラクリがあるって事ですよ。

なので、最近のノンシリコンも、
僕が見る限り、根本は余り変わっていないようですね。

キシませない 何か…が、入っただけ。。。

 

細かいことは、余りココには書けませんが、

台所やお風呂場の洗剤と同じ洗浄剤で、頭や身体を洗うの…良い加減止めませんか??
(洗浄成分のことを調べれば分かります。。。)

 

若いウチは良いんですよ。

脂も沢山出るし、細胞間がミッチリと詰まっているから、多少の刺激には負けません。

でも、それも20代の前半迄です。

それ以降は、必要以上に脂を取りすぎると、
たるみやシワの原因になります。

また、細胞の間が開いてくるので(キメが粗くなる…)刺激に弱くなります。

年齢と共に、敏感肌に変わっていくのは、このせいです。

 

安いシャンプーを使っていて、
お肌のお手入れを丁寧にやっている方は、かなり残念です。。。

 

顔は、頭皮に吊されています。

頭皮がたるんだら、顔がたるむのは当たり前です。

 

えぇ、

じゃぁ、何を使えば良いんだよ!という話になるわけですが、、、

一人一人、頭皮の状態も髪のダメージの状態も、その時のヘアスタイルも違うわけです。

なので、何で洗えば良いのか?は、

その辺をきちんと把握して、適切なアドバイスが出来る人に決めてもらう。

ということです。

それは、貴方の担当の美容師しかいないんじゃないでしょうか。

だから、クーポン使って美容師をコロコロ変えるのも如何なモンかな…と。。。

 

突っ込んだことは、
また改めて書くので、その時までお楽しみに。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください