継承していく。。。

 

 

switchでは、

 

個人がカリキュラムに沿ってやっていく、個人レッスンと別に、

定期的に全員参加で勉強会をやっています。

IMG_4098.JPG

 

基本的に技術は、

 

見て覚える!

それを、反復して身体で覚える!!

が、非常に多いです。

 

だけど、

見ているだけでは分からない部分っていうのも、

実は沢山有って。。。

 

 

IMG_4097.JPG

こうしてスタイリストが、

細かい所を一つ一つ言葉に置き換えて伝えています。

手先の技術的なこともあるんだけど、

 

「何故こうする?」

「今やったコレ、こう意味があるんだよ!」

って感じで、

サロンワーク中のOJTでは、中々伝えられない本当に細かい事。

 

でも、実はこういう細かい所が、

お客さんの求める所だったり、

技術の向上のヒントになったりするんだよね。

 

 

IMG_4096.JPG

 

ヘアデザインにも、

何となく流れというか流行みたいな物があるから、

今はあまり使わない技術とか、

逆に、いま絶対に押さえておかなきゃイケない技術とか、

いろいろある。

 

でも、

必要の無い技術って、多分ない。

中には、もっと合理的に整理していくことによって、

結果使われなくなっていく技術や道具もあるんだけどね。

 

ここ数年なら、カールじゃ無くてウェーブをアイロンで作る。

コレは、今ならストレートアイロンでやっちゃうんだけど、

3本のアイロンを組み合わせたウェーブアイロンってのもあるんだよね。

 

 

iron

 

 

一般の人は、コッチでやってる人が多いんじゃない??

僕等は、場所によってリッジの深さを変えたりするから、ストレートアイロンの方が良いんだけど。

 

 

 

このストレートアイロンでやってるウェーブって、

昔マーセルウェーブって言われてたのが、進化したらこうなったんだよね。

この1890年代当時は、火鉢に突っ込んで暖めたコテ(アイロン)でやってたんだよね。

 

marcer

 

僕が美容学校に行ってた頃の教科書には、まだ載ってたな。

一回だけ、学校の先生から見せてもらったことがあるけど…

皆、知らないよね(笑)

 

だけど、ルーツや歴史を知ることも、

とても大切だと思うな。

 

なんて事を想いながら、

スタッフにいろんな事を伝えたりしています。

 

 

 

技術と知識の継承。。。

 

巷では、労使問題とかいろいろ有るけど、

こういう所も分かった上で議論したいよね。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください