ヘアカラーのクオリティ。。。

先日、

【明るい白髪染め】について記事を書いて、

かなりの反響がありまして。。。

 

明るい白髪染め。。。

続・明るい白髪染め。。。

 

まぁ、ちょうど僕等世代、

団塊ジュニアと呼ばれている40代から上が、人口的にはかなり多くて、

当然サロンのお客様にもその世代が沢山いらっしゃる。

 

ヘアカラーという、美容室の主力メニューに於いて、

白髪と向き合うという、極々当たり前のことに、

結構悩まれている美容師さんが多いんだな…

と、改めて感じました。

 

IMG_4189

 

 

 

この写真。

明るさで言えば、8LVになります。(15LVスケール)

 

明る過ぎず、暗過ぎず。

 

ちょうどこのファーストグレイといわれる、

チラホラ白髪が気になりなじめた世代に、

一般的にハマる所じゃないでしょうか。

 

 

IMG_4188

カラー剤の区分けで言えば、

これは白髪染めです。

 

混ぜ物無し、8LV単品。

 

来年の春発売のグレイカラーをテストしているんだけど、

かなりのクオリティですね。

 

1本のカラー剤でここまでイケる様になってます。

どんどん進化してるね!!

(2剤は勿論、変えて塗り分けですよ!)

 

そうそう。

いまswitchで使ってるカラー剤。

僕等でプロデュースして、テストして出来上がった物を使っています。

 

 

 

僕もお客様に、

「そろそろ白髪染めした方が良いですか??」

って、よく聞かれます。

 

「白髪染めとか普通のカラーとか、今はあんまり関係無いんですよ」

 

と、僕は答えています。

 

 

もうね。

白髪染めとファッションカラーを別々に考えて、

分けていること自体が、

もうナンセンスに感じます。

 

白髪は、究極のハイトーン

 

と捉えれば、全然難しくないはず。

 

 

白髪率

 

つまり、その部位毎に白髪が何%位有るのか?

を、

しっかりと見極め、

カラー剤をコントロールしていく。

 

ブラウンの量と、色物の彩度。

 

普段から、こういう事を普通に考えてやれば、

ごく普通に出来る。

 

カラー剤のミックスの極意。

 

言ってしまえば、メラニン・コントロールかな。

 

ホームカラーのクオリティも中々なもの。

ダメージは半端ないし、しっかり染まる事以外はとても勧められたもんじゃないけど…

 

しっかりと勉強して、情報をしっかり仕入れて、自分達の物にしていかないと。

 

やれてる所とやれてない所。

ますます差が出てきてるよね。

 

1ランク上の、ハイクオリティなグレイカラー。

 

 

白髪染めはオシャレにならない、と諦めている方。

 

もうそんな時代は、とっくに終わってます。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください