道具。。。

僕達・美容師は、プロフェッショナルです。

お金を頂いて、自分の技術でもって、ヘアデザインを提供するプロです。

お金をもらっているからプロ?とか、提供しているのはヘアだけじゃないだろ?てのは、この際置いておきます。。。

皆さん、それぞれに自分が使っている道具には、それなりの拘りを持っている、という人が多いのではないでしょうか?

IMG_3227.JPG

このコームは、一番最近、僕のいつも使うツールに仲間入りしました。

いわゆる【ゼロテク】専用として売られているものです。

 

ゼロテクというのは、美容師であれば誰でも分かると思いますが…

頭皮にカラー剤が付かない様に、尚且つギリギリ根元まできちんと染まる…様に、0mm空けて薬剤を塗布する技術の事を言います。

 

まぁ、本当によく考えて作ってある。

持った時のフィット感、テールとコームの持ち替えのしやすさ 、スライスの取りやすさに、薬剤の乗り方と毛髪への付き方。

専用といって売るだけの事はある。

¥1250(税別)

リングコームで、この価格。

安いか?高いか??

 

これだけの拘りと、細かい所のディテールの処理など、

プロが使う道具として、僕はむしろ安いと思った。

さて、それはさて置き…

自分が使う道具。

シザーやコーム、ブラシにドライヤー。

それぞれ、自分にフィットする道具というのは、自身の仕事をランクアップしてくれる力強い味方です。

 

それなりのキャリアをお持ちの方は、既に自分のスタイルというのを確立していると思うので、それに合った(見合った)道具を使い、当然自分で手入れなどもされていると思うのですが…

 

アシスタント諸君。

自分の道具、いくつ持っていますか?

ここで言う自分の道具というのは、自分で買ったかどうかは問題ではありません。

普段、自分が使っている道具を、どれだけ大切にしていますか?

 

ブラシ一つ。

手入れ一つで、ブラシと髪の食いつき具合が変わるはずです。

というか、そもそもそんな所に、普段の意識が行っているか?

という事なんだけど。

craw 1

 

ハサミにしても、

毎日仕事終わりに、(アシスタントなら練習終わりに)キッチリと拭いて返り歯を落とし、毎回切れ味を確かめながら使っていますか?

手入れの仕方が分からない人は、先輩にしっかりと教えてもらった方が良いよ!

 

新しい道具が、自分の手に馴染んでくるまでには、それなりの日数が掛かるし、使い込む事で手が慣れていくという部分もある。

(キャリアが浅い内は、自分の手を鳴らしていく事の方が大切だね)

でも、使って馴染ませていくのと同じくらい、道具の手入れってのは大切でね。

 

そもそも、道具が無きゃ僕達は仕事が出来ないわけで、それで飯を喰っていると言っても良い。

その道具を大切に出来ないと、やっぱり仕事は上手くならないと思うな。

上手くなれたとしても、とても時間が掛かる…

 

自分の道具。

きちんと手入れが出来る、道具を大切に出来る。

 

他の職業の人を思い出してみて欲しい。

 

プロは皆、そういう事を当たり前にやっているよね。

仕事が上手くなきゃ、そもそもプロにはなれないね。

 

大切な事ですよ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください