ヘアカラー剤は、しっかり混ぜないと。。。

ヘアカラー剤をしっかり混ぜると、良いですよ!って

switchスタッフ・タカキユウコのinstaをシェアしたら、

何か、スゴい質問やら何やら来たので、まとめときます。

 

 

んで、

何故、カラー剤をしっかり混ぜると、刺激が減りアレルギーリスクが低減されるのか?

って話です。

 

これは、SSA主宰の有本さんから教えてもらったんだけど…

 

先ず、マドラーやハケでチャチャッと混ぜたくらいでは、カラー剤って全然混ざってないです。

メーカーさんは、マドラーなら最低でも100回は混ぜて下さい!って言ってます。

なので、switchでは上のカラー剤を混ぜるツールを使ったり、少量の時はシリコーン製のスパチュラを使っています。

 

先ず刺激の原因になっているアルカリ剤。

1剤にアルカリが含まれているけど、1:1で2剤と混ぜると半分になります。

これが、しっかりと混ざってなければ、倍のアルカリに触れることになるから、そりゃピリピリもするでしょ。。。

で、サロンで使ってるカラー剤は、大半アンモニアが使われているはずなので、混ぜた後少し放置しておけば、アンモニアが揮発して減ってきます。

細毛やダメージ毛なら、浸透するのにアルカリのパワーは必要ないので、この方法でやれば、かなり刺激が減るはずです。

どの位…って聞いてきた人も居たけど、測れないんで分かりません(笑)

が、刺激が少なくなってるのは間違いなさそうです。

あっ、ホームカラーで使われているモノエタノールアミンは、揮発しないので放っておいても減りません。

悪しからず。。。

 

で、アレルギーの話。

アレルゲンになっている、パラフェニレンジアミン(PPD)。

カラー剤の染料は、酸化重合し大きくなり、毛髪内に留まります。

PPDは、アミノ基という結合する為の手を持っていて、これが繋がって高分子となります。

このアミノ基は、毛髪や頭皮のタンパク質と親和性があるので、重合する前の不安定なPPDは、この結合する手が余っていて、これが頭皮にくっつくことで残留する可能性が高まります。

完全に…というのは、実際には難しいですが、
カラー剤の中の染料が完全に残らず反応してしまえば、この不安定な状態のPPDが無いので、頭皮や毛髪に残留する確率が少なくなります。

完全に反応しているPPDは、アレルゲンには成らないそうです。

カラー剤がしっかりと混ざっていない状態だと、当然反応しきれない染料の量が増えるので、それだけ残留する染料が増え、リスクは高まります。

なので、完全にヘアカラーの1剤と2剤が混ざって反応性が高まれば、それだけアレルゲンになるリスクは減らせます。

 

意外とカラー剤がしっかりと混ざっていない…というのは、あるみたいなので、注意が必要です。

 

instaで高木祐子が使ってるマゼマゼの機械、

カラーマジックっていう名前なんだけど、

何とFBの投稿見て、開発した!っていう方からメッセージが来ました。。。

こういうの考える人。

何気に凄いですよね。

こちらのサイトで見てみて下さい↓

カラーマジック・ハンドブレンダー

http://www.colormagic.tokyo

 

 

 

シャンプーソムリエロゴ

2015年9月 シャンプーソムリエの資格を取得しました。
シャンプーに関して、お困りのことがあれば、何でもご相談下さい。

魔法のシャンプー #oggiotto 取扱店
Eral EralPremier イーラル イーラル・プルミエ取扱店
キュベシノブ取扱店

switchのHP  ▶▶▶ switch-hair.com

switchのブログ ▶▶▶ switch blog

SSAのHP ▶▶▶ Sacro Scientific Academy

 

【@switchhairのLINEアカウントにご登録ください。】

 

友だち追加数

 

switchは福岡天神・大名にある美容室です。
1店舗での展開で、他に支店は御座いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください