カラー剤の特性を理解すること。。。

SNS上を賑わせているヘアカラー・ネタ。

 

 

ドンドン良い薬剤が出て来て、

ある意味、ただ “染まる” といった所から、

各メーカーエッジの効いた商品が出て来ていますね。

 

まぁ、エッジが効いてないと、売れなくなっているともいうのかな。。。

 

image

 

switchでは、仮に仕上がりが同じ色だとしても、

お客様の髪質や、スタートの髪の状態。

例えばアンダートーンはどれくらいか?

メラニンの種類は?

ダメージレベルは?

など、

状態に合わせて、色の調合を変えるのはもちろん、

染料の特性なんかも考慮しています。

 

image

有効成分と書かれている所が、使用されている染料です。

 

例えば、アッシュが得意だと言われている、

THROWとASSORT ALLIA。

 

image

 

同じ様な色相の、アッシュでも、染料の組み合わせが全く違う。

 

image

 

どっちが良いとか、どれが良いとか、

そういうんじゃなく、

この、染料の組み合わせに、

メーカーのこだわりというか、ポリシーみたいな物を感じるわけです。

 

image

 

かなりマニアックですか??

でも、分かる人には分かるんですよ。。。

 

image

 

この法律で使用が認められている、

そんなに沢山の種類が有るわけではない、酸化染料。

 

染料中間体と、カップラーの組み合わせで、全ての色が出来ています。

 

当然、染め上がりの色もそうなんだけど、

褪色の過程が全然違うわけです。

 

 

出来上がりの色がキレイなのは、最早当たり前というか、

言った通りになっていないとか、

思ったのと違うなんてのは、

もう論外でしょ。

 

褪色の過程を、いかにキレイに見せるか?

1月後2月後の色が、どんな色になっているのか?

最終的には何色が残っているのか?

 

染料の残留 = 残留ティント を読み切る。

 

という所も、

ハイクオリティなヘアカラーを提供するには、

必要なスキルだったりします。

 

当然、初めてカラーする人以外は、

全て、残留ティント + 今回のカラー。

だから、この残留ティントの問題ってのは、かなり重要なわけです。

 

分かりますよね?

毎回同じレシピで染めてると、段々毛先がくすんでくる。。。

 

 

ホームカラーともあまり差が分からない?!

と言われているヘアカラー。

 

貴方は、何処で差を出せますか?

 

 

ハイクオリティなヘアデザインの為のケミカル。

知っている人だけが表現出来る世界があります。

SSAのホームページ

 

 

 

 

シャンプーソムリエロゴ

2015年9月 シャンプーソムリエの資格を取得しました。
シャンプーに関して、お困りのことがあれば、何でもご相談下さい。

魔法のシャンプー #oggiotto 取扱店
Eral EralPremier イーラル イーラル・プルミエ取扱店
キュベシノブ取扱店

switchのHP  ▶▶▶ switch-hair.com

switchのブログ ▶▶▶ switch blog

SSAのHP ▶▶▶ Sacro Scientific Academy

 

【@switchhairのLINEアカウントにご登録ください。】

 

友だち追加数

 

switchは福岡天神・大名にある美容室です。
1店舗での展開で、他に支店は御座いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です