職人の仕事に触れる。。。

7年程前から、

ハサミのオーダーをお願いしているドラゴンクローの金子さんに誘っていただいて、

三重県の松阪市まで行ってきました。

 

山端鋏製作所さん。

日本でも数少ない、全ての行程を手作業で行い、

本当の手作りで鋏を作っている本物の職人さん。

親方と2代目。

自分の鋏をお願いして、今まではメーカーの金子さんを通じて、

数々の我が儘を聞いてもらっていましたが、

是非一度、直接お会いしたい!とお願いして、今回の訪問が実現しました。

 

隅々まで掃除が行き届き、完璧に整理整頓された、作業場。

全て手作業だから、一丁作るのにとても時間が掛かるが、何処に何があるかを探したり、するような無駄は、お客様に迷惑をかけてしまうので、そういったことがないように、物の整理をしている。と2代目が教えてくれました。

仕事や身の回りがキレイな人は、やはり出来上がりも実に見事。

という、職人にとって当たり前の事を、かなりのハイレベルで実践されている。

何となく、ゴミゴミしてほこりっぽい工場をイメージしていたが、流石だな…と、感服した。

とても作業中だとは想えない、身の回りの片付き様。。。

改めて、自分自身を見直したい。

初めの切り出されたばかりの鉄板。

コレを磨いて叩いて、大切に一丁の鋏に仕上げていく。

僕が預けて修理をお願いしていた鋏の、最終の仕上げをして頂く。

ハンマーで数カ所叩きながら、0.001 mmの世界で微妙な調整をしていく。

僕自身も自分の手の感覚で、感じる違和感をを伝えて、

更に調整してもらう。

この、何とも言えない職人同士のやり取りが出来たことが、とても嬉しく感動さえ覚えた。

 

今は、コンピュータ制御で機械を動かし、0.1mmの狂いも無い鋏を、いとも簡単に作れるようになったという。

しかし、用途と鋼材の組み合わせや、使う美容師に合わせたカスタマイズは、やはり職人の腕があってこそ。

今になって思えば、

僕も昔は、自分の切り方を鋏に合わせていたんだな…と。

 

でも、本当に自分だけの一丁に出会ってからは、ほんの少しだけど、カットが上手くなった気がするし、まだまだ上手くなれそうな気がする。

切った髪の一本一本の感触が、自分の手にダイレクトに伝わってくる。

自分がイメージした通りの切り口。

狙った一本を確実に切りきれる感覚。

 

何処までも、

こちらの拘りに付き合ってくれて、

使う人に合わせ切る職人の拘り。

 

 

ある程度のキャリアは必要かも知れないけど…

良い道具を使うことが、良い仕事に繋がる。

道具が全てでは無いかも知れないけど、

道具で仕事も変わる。

 

本物に出会えた喜びが、

もっと精進して、もっと上手くなりたい気持ちに繋がりました。

有り難う御座いました。

 

山端鋏製作所のHP

 

シャンプーソムリエロゴ

2015年9月 シャンプーソムリエの資格を取得しました。
シャンプーに関して、お困りのことがあれば、何でもご相談下さい。

魔法のシャンプー #oggiotto 取扱店
Eral EralPremier イーラル イーラル・プルミエ取扱店
キュベシノブ取扱店

switchのHP  ▶▶▶ switch-hair.com

switchのブログ ▶▶▶ switch blog

SSAのHP ▶▶▶ Sacro Scientific Academy

 

【@switchhairのLINEアカウントにご登録ください。】

 

友だち追加数

 

switchは福岡天神・大名にある美容室です。
1店舗での展開で、他に支店は御座いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です